アメリカ横断が人気の理由!RVでアメリカ周遊してみましょう!

私はこれまでたくさん海外旅行へ行きました。

もともと外国や外国人との交流が好きで、学生時代に海外ボランティアや国際ボランティアにも参加していました。そんな私がおすすめする、学生旅行で行くべき国は「スペイン・バルセロナ」です。スペインはもちろん海外旅行としても人気の国の一つですが、学生のうちに行っておくことをおすすめします。スペインに限らずヨーロッパへ行くには長時間のフライトが必須だからです。また、ヨーロッパへの海外旅行で1か国しか周らないのは費用面でとてももったいないです。例えばスペインからだと、ちょっと足を延ばせばフランス、イギリス、イタリアなどその他の国へ訪ねることもできます。そのため旅行期間は最低でも2週間以上確保することをおすすめしますが、こんなに長期間の日数を確保できるのは学生のうちだけでしょう。スペインをすすめる一番大きな理由は「食事がおいしい」ことです。これまで数々の国を旅行を経験してきましたが、はっきり言ってヨーロッパの食事は日本人に合わないことが多いです・・・それにレストランはどこも結構高いです。それに比べスペインは何を食べてもおいしい!定番のパエリアも肉系・魚系など様々なテイストを楽しめ、かつ日本人になじみ深い米を使った料理なので抵抗なく食せます。また、最近日本でも流行っていますが「バル」というのはもともとスペインなどの立ち飲み居酒屋的な場所のことです。スペイン語で「bar」をカタカナの発音に起こすと「バル」となります。日本のしっとりしたバーのイメージとは違い、スペインではバルを何軒もはしごしてお酒やピンチョスを楽しみます。(ピンチョス:小さく切ったパンに、少量の食べ物をのせつまようじが刺さった軽食。)ビール1杯1ユーロ、ピンチョス1つ100円ほどのバルがほとんどなので、お金をかけずに思う存分楽しむことができます。そしてバルセロナは日本の大阪のように、人々がとてもフレンドリーです。バルでは知らない人同士でもすぐに仲良くなってしまいます。急に歌いだしたり踊りだしたり、陽気な人がとても多いのでこういったノリについていけるのも若い学生のうちだけではないでしょうか?また、バルセロナは観光の名所でもあります。有名なサグラダファミリアをはじめ、建造物、美術館、サッカースタジアムなどあらゆる種類の観光スポットがたくさんあります!大学生の卒業旅行など、是非学生のうちにバルセロナへの旅行を検討してみてくださいね!

数年前,韓国のプサンに海外旅行へ行ってきました。

福岡空港から飛行機でわずか数十分でしたので,海外旅行に来たという感じはしませんでした。行ってみて印象に残った場所はまず,定番のプサンタワーです。さすがメインの観光地だけあって平日の関わらず多くの人でにぎわっていました。景色もよく,あー韓国に来たんだなと実感させられました。次はナンポドンです。主に買い物でした。日本語も大丈夫で,ここはどこかなというくらい日本語があふれていました。物価的にはさすがに安いかなという気がしましたが,表向きは観光客用ですので,そのまま買わずに店の人と交渉してみてください。それもまた楽しみです。食事もいできます。チャガルチ市場に行って海産物を見るのも楽しいです。日本ではお目にかかれないようなものや,豪快な展示の仕方でびっくりします。少し食べましたが味はさすがに新鮮で,安かったです。焼肉はどこのお店もおいしかったです。金属製のはしやお椀を持たないなどのマナーはちょっと困りましたが,何といっても肉がうまい。日本の焼肉とは違う,まさに本場という感じでした。数人で行けば格安でおなか一杯に食べることができました。私は行っていませんがカジノもありますので一勝負という方はどうぞ。ちなみに同僚はコテンパンで帰ってきました。意外と楽しいのはコンビニやスーパーです。日本にはないインスタントラーメンやお菓子があり,お土産によかったです。若い皆さん海外旅行,海外ボランティア,国際ボランティア,学生旅行で行ってみてはどうでしょう。